検査の器差

検査方法などで客先との成績書の違いが

たまに起こります、でも、測定温度、測定者、器差

などでいろんな状況により誤差がでます

その誤差で合格不合格わかれる場合もあります